相続税理士の相場

相続

・相続税理士を利用したい
相続で困ったことがあれば専門家への相談も考えるといいです。
実際によく利用されるのが税理士ですね。
相続を専門としている税理士には相続税の申告代行などの依頼も可能です。
この問題で悩んでいる方には頼もしい専門家となりますが、依頼にあたってどれくらいの費用がかかるのかは気になるところでしょう。
その費用の相場について簡単にご紹介します。

相続税理士の相場はいくらと簡単にご紹介できるといいのですが、実際には一律でいくらとは決まっていない場合が多いです。
相場としてよくあるのは、遺産の金額に応じて料金が変わるというシステムです。
遺産が5000万円あった方と、5億円あった方とでは、同じ相続税の申告代行という依頼でも料金が変わるのですね。

相場として遺産の金額とその税理士の費用について簡単にご紹介しましょう。
まず遺産の金額が5000万円までの場合、税理士の費用は25万円前後が相場となります。
遺産の金額が5000万円~7000万円になると、これが40万円前後となります。
さらに遺産の金額があがり、7000万円~1億円となると、相場となる費用は50万円前後となるのです。

このように相続税理士の費用の相場は依頼者のケースでの遺産の金額に応じて増減する仕組みになっている場合が多いです。
そして遺産の金額が高くなるほど税理士費用も高くなるのが相場です。
高額な遺産があった方ほど必要な費用はよく確認する必要がありますね。

・費用の仕組みや金額は税理士ごとに違う?
相続税理士の費用についてご紹介しましたが、先ほどのものはあくまで相場となります。
どんな税理士でも必ずあのような料金になるわけではありません。
そもそも料金の仕組みが違う場合もあります。
税理士の費用の金額やシステムは各税理士が自由に決められるようになっていますから、各税理士ごとによく確認する必要があります。
先ほどご紹介した仕組みや金額は相場として知っておくといいですが、実際に依頼や相談をするときには各税理士ごとによく確認してください。

・費用は事前に確認できる?
実際に相続専門の税理士に相談や依頼をするにあたり、その費用は事前に確認できます。
まずHPで費用の仕組みや金額を公開している税理士もよくいます。
税理士を探すときにインターネットを使う方もよくおられるでしょうから、依頼前に費用の仕組みや金額についてよく確認するといいでしょう。
そのほか、もちろん依頼前にはその税理士まで費用の仕組みや金額については確認できます。
契約前には見積等を提示されることもありますから、それをよく確認し、相場の料金などとも比べつつ、最終的に依頼するかどうか判断してください。