相続専門の税理士について

意外と知られていないことなのですが、約90%以上の税理士、または税理士事務所は相続に関しての業務を行ったことが無いのです。
そのため税理士に依頼すれば相続に関しては安心、とはならないのです。
担当する税理士や税理士事務所によっては能力に差があることは当然ですが、最初から担当していない業務をおまかせするのは厳しいでしょう。

また相続する土地や不動産の評価額も大きく異なることがあり、場合によっては損をしてしまうことも考えられます。
これから依頼するのであれば相続に強い、専門的に業務を行っている税理士へ依頼したいですね。
相続専門の税理士とはどのような方になるのでしょうか。

まず年間の相続に関する件数が多い個人や事務所であれば相続の専門と言えるでしょう。
何はともあれ今までに担当した件数、年間に担当している件数をチェックすべきです。
今までに担当している件数でどのくらいの実績があるかを判断することができます。
多ければ多いほど良いとはかぎりませんが、件数が多いと口コミや評価などで評判をチェックしやすくなります。
税法へ細かい変更なども多いため、最新のものに対応できているかどうかは直近の担当件数でうかがうことができるでしょう。

次に最初から相続の専門であるとアピールしている税理士を選択するのも良いでしょう。
相続を専門で行われている方は最初からそのようにアピールしていることが多いです。
インターネットのサイト上などでも明記しており選択する際にひとつの指針となります。

そして知り合いの方などから紹介を受けることで相続税の専門の税理士を知ることもできます。
あまり公に相続のことを話す機会は無いですが、知り合いや友人への相談で紹介してもらえることがあります。
その知り合いや友人の紹介なので断ることが難しい場合もありますが、身近でトラブル無く相続に関する業務を代行された方を見つけられることはポイントになるでしょう。
いずれの場合にも税理士本人の人柄や相談のしやすさを含め、しっかりとおまかせできるかどうかを見極める必要があります。