税理士と行う相続ガイド

相続01

相続が滞りなく進めることができるかどうかは、税理士との連携が必要不可欠です。税理士に何もかも全て任せてしまうと、税理士側はどうして良いのか分からず立ち尽くすしかできません。もちろん相続人本人が自らの手で全ての手続きを進めるにも、限界があります。
そこで税理士と行う、相続の流れについて取り上げます。

葬式が終わり一息ついたら、財産の洗い出しに取り掛かります。愛する人との思い出を噛み締めながら作業を進める訳ですが、財産の洗い出しは相続税に深く関わることになります。相続税以外の手続きを進める上でも、財産の洗い出しは避けて通ることはできません。税理士でも進めてくれるものの、なるべくなら相続人自ら進めておきたいものです。
財産の洗い出しが終われば、相続するかどうかを決定します。相続するかどうかを決める際に頼りになるのが、税理士です。特に何の問題もなければ、相続はした方が良いです。相続とは単に財産を受け取るのではなく、愛する人が築き上げたものを守るために行われます。しかし借金額が相続財産よりも多い場合は、相続放棄も視野に入れておきましょう。でも単に借金があるからと安易に相続放棄をすると、取り返しの付かないことになります。相続放棄に踏み切る前に、税理士に相談しましょう。大阪市では相続放棄について相談を承っている税理士は、数多くいらっしゃいます。

相続を決意したのなら、他の相続人と共に財産をどう分けるかを話し合います。話し合いが拗れてトラブルになると、税理士ではなく弁護士の登場になります。でも相続税を視野に入れて財産分与を進めるのなら、税理士の出番です。財産分与に関しては意見の食い違いは出ますが、相続税の節税について反対意見を出す人はさすがにいないでしょう。
税理士はどうやって分ければ相続税の節税に繋がるのか、熟知しています。最終的に決めるのは相続人本人ですが、税理士のアドバイスも視野に入れておきたいものです。

財産分与が完了したら、いよいよ相続税が幾らになるのかが計算されます。税理士は使える特例を全て駆使し、節税へと動きます。特例が使えるかどうかは、相続人本人の協力があってこそです。税理士の質問に対して正直に答え、しっかりと話を聞いて下さい。税理士の話を聞かずに自分勝手な判断で動いてしまうと、税理士の仕事が全て台無しになってしまいます。
何度も述べるようですが、相続税の手続きを滞りなく進めるには税理士との連携が必要不可欠です。

税理士と行う相続ガイド

相続

相続の手続きを税理士に依頼をしても、何もかも税理士が全て手続きを進めてくれる訳ではありません。
こればかりは税理士にもよるので一概には言えませんが、相続人自らがやらなければならないこともあります。

そこで、税理士に依頼をした時に相続人が行うべき事柄について取り上げます。

まずは、相続の手続きに必要となる書類の収集です。
ある程度は税理士側が手配してくれますが、中には個人情報の関係から税理士ではどうしようもない書類も含まれます。
税理士が準備できない書類については、依頼人本人が集めなければいけません。

個人情報が含まれている書類は、戸籍関係・通帳・金融資産に関する資料・生命保険関係も含まれています。
戸籍関係の資料は税理士側が手配してくれることもありますが、書類によっては税理士には手が出ない書類も含まれています。
ただどういう書類が必要になるかは、税理士から直接説明があるかとおもいます。
税理士の説明をしっかりと聞いた上で、集めるべき書類を把握しておきましょう。

相続財産の中に不動産が含まれていれば、土地評価も必要です。
土地評価そのものは税理士が行ってくれるので心配はありませんが、立ち会いを求められることがあります。
仕事などの用事で立会が難しい場合は、断ってもらっても構いません。

土地評価などが済みある程度相続財産の把握が終われば、遺産目録を作ることがあります。
遺産目録作成は、依頼人と面談を進めながら行われます。
依頼人と面談を行う際には、相続人全員が参加する必要はなく代表者1人だけで十分です。

また遺言書がのこされていない場合は、相続人全員で遺産分割協議を行います。
税理士は遺産分割協議に必要となる資料を作成し、協議が少しでもスムーズに進むように助けてくれます。
場合によっては税理士本人が、遺産分割協議に参加することも可能です。
遺産分割協議の際に疑問に感じたことがあれば、遠慮なく税理士に質問して下さい。
どんなに小さな問題でも、分からない事柄を放置するのは絶対にNGです。

遺産分割協議が終われば、税理士は遺産分割協議書を作成してくれます。
相続税申告に必要となる他の書類を準備し、相続税を申告します。
相続税を申告すると、申告書の控えが税務署から送られます。
申告書の控えを税理士から受け取ったら、大事に保管しましょう。

税理士は相続の手続きを進める上で、頼りになる存在です。

でも本当にスムーズに手続きを進めるには、ご自身の力も必要になることを肝に銘じておいて下さい。

相続専門の税理士について

意外と知られていないことなのですが、約90%以上の税理士、または税理士事務所は相続に関しての業務を行ったことが無いのです。
そのため税理士に依頼すれば相続に関しては安心、とはならないのです。
担当する税理士や税理士事務所によっては能力に差があることは当然ですが、最初から担当していない業務をおまかせするのは厳しいでしょう。
続きを読む →

相続の名義変更を税理士へ依頼

被相続人から財産を相続するにあたって、名義変更が必要となります。
基本的に遺産分割協議が終わり、財産の分割方法が決まれば相続税の申告書類の提出と共に財産の名義変更を行っていくことになります。
名義変更は義務付けられているものではありませんが、土地や不動産などは名義を変更しておかないといのちのちに手間がかかるだけではなく、大きなトラブルを引き起こす可能性もあるでしょう。
相続時の財産の名義変更を税理士へ依頼することも含めて、どのような手順が必要なのかを確認してみましょう。
続きを読む →

税理士へ相続放棄の相談

税理士へ相続の相談を行う際に相続の放棄を提案されることもあります。
基本的に相続する財産が借金などの負の遺産の場合には相続放棄した方が良いでしょう。
また相続に関してトラブルが発生した時に、その揉め事を回避するために行われることがあります。
税理士へ相続放棄の相談を行う際にはどのように進めていくのでしょうか。
続きを読む →

不動産を相続するには税理士へ

不動産を相続する際には個人で行うよりも税理士へ依頼することが確実です。
税理士へ依頼を行うことで正しい評価額が算出し、適切な申告を行うことができます。
相続税が発生する場合には特に税理士へ依頼することが望ましいでしょう。
続きを読む →

相続の修正申告を税理士へ依頼

相続人として財産を相続する際に相続税が発生することもあります。
そのような場合にはしっかりと財産の評価額をまとめ、相続税を正しく算出することが求められるでしょう。
もし正しい額で相続税の納付を行わなかった場合には税務署から差戻しまたは税務調査を受けることが考えられます。
そのような事態に合わないためにも税理士へ依頼し正しい申告を行うことが肝心なのです。
続きを読む →

税理士へ相続書類の代行依頼

相続を行うにあたっておおまかな流れとしては、提出するための書類を集めること、集めた書類を管理し、必要な情報を基に申告書を記載すること、そして相続税の申告書の提出を税務署に行うということになります。
最初の段階である書類集めは簡単に見えて実は重要なポイントです。
税理士へ相続書類の作成代行を依頼する場合においても個人で集めなくてはならないものも多いため、どのようなものが必要になるのかなどをチェックしておきましょう。
続きを読む →

相続相談FPと税理士どちら?

相続相談を行うにあたってファイナンシャルプランナーに行えば良いといった記事やメディアも見かけます。
一般的には相続関係は専門家に相談することが一番の解決策ですが、ファイナンシャルプランナーに相談できることはどのようなことになるのでしょうか。
続きを読む →